Take a fresh look at your lifestyle.

UPSIDE Foodsは、栽培肉のこれまでで最大の資金で4億ドルを袋に入れています

0
  • 米国に本拠を置く UPSIDE Foods (旧メンフィスミーツ)は、栽培食肉会社にとってこれまでで最大の資金調達ラウンドで4億ドルのシリーズCを完了しました。
  • TemasekAbu Dhabi Growth Fund (ADG)は、 GivaudanBallie GiffordSynthesis Capitalなどを含む「金融、インパクト、戦略的投資家の幅広い連合」からの参加を得てラウンドを主導した。
  • UPSIDEは、この資金を使用して、栽培肉の「あらゆる種」のための商業規模の施設を建設し、細胞培地のサプライチェーンと栽培肉に必要なその他のインプットを開発します。

なぜそれが重要なのか:

UPSIDEのメガファンディングラウンドは、同社が昨年達成したマイルストーンの長いリストのトップにランクインしています。 これらには、カリフォルニア州にエンジニアリング、生産、イノベーションセンターを開設し、動物を含まない細胞飼料を開発し、 栽培されたシーフード会社Culture Decadenceを買収することが含まれます。 UPSIDEはまた、ミシュランの星を獲得したシェフのドミニク・クレンと提携し、サンフランシスコのレストランAtelier Crennで栽培チキン製品を販売することも 発表 しました。

製品を実際に販売するための規制当局の承認を得ることは、商業販売が行われる前にUPSIDEが完了しなければならないそれほど小さなステップではありません。

現在、 Eat Just は栽培肉を販売する 規制当局の承認を得た 世界で唯一の企業であり、それはシンガポールだけです。 他の多くの企業が規制当局の承認と商業化について議論していますが、まだ具体的なタイムラインを提示していません。

UPSIDE はもともと 2021年を商業化の年としてマークしました。同社は現在、2022年後半に「規制審査待ち」という新たな目標として注目しているが、それが起こる可能性のある国や地域をまだ指定していない。


ソースリンク

Leave A Reply

Your email address will not be published.