Take a fresh look at your lifestyle.

ミズーリ州セントルイスでアグリフード技術の未来を育む

0

米国の農業生産の約半分は、ミズーリ州セントルイスから半径500マイル以内にあり、国内の大豆とトウモロコシの80%が含まれています。 近年、中西部の都市は、賑やかな農業バイオサイエンスとアグリフード技術シーンのおかげで、「アグテックのシリコンバレー」という名前も獲得しています。 バイエルクロップサイエンスバンジポストホールディングスなどのビッグネームが集まるだけでなく食品や農業システムが直面する最大の問題に取り組む起業家やスタートアップの拠点でもあります。

この農業バイオサイエンスコミュニティの柱は、セントルイスの-ERR:REF-NOT-FOUND-39ノースイノベーション地区にあるDアンフォース植物科学センターのキャンパス内にある農業およびフードテックイノベーターの研究パークであるBioResearch & Development Growth Park、またはBRDG Parkです

BRDG Parkは、初期段階から中期のアグリフードテック企業が研究から商業化へと飛躍し、新技術、ラボやオフィススペース、人材、資金調達、および製品やサービスをラボから農家の手に渡すために必要なその他の重要な関係と結びつけるのを支援します。

この地域には、1,000人以上の植物科学者と700のバイオサイエンス企業が含まれており、食の未来を形作るグローバルプレーヤーを招集するAgTech NEXTを含む多くのイベントを開催しています。

ラボのCTC従業員。 画像クレジット: CTC/BRDG Park

人材ギャップを埋める

コミュニティの名前が最も一般的に発音されるように、「ブリッジ」は、その最も貴重な提供の1つとして、AGおよびフードテック業界を前進させるために異なる企業のイノベーター間のつながりを育む能力であるため、適切な名前です。 BRDGはまた、セントルイスコミュニティカレッジ(STLCC)植物生命科学センターバイオテクニシャントレーニングプログラムの本拠地でもあり、ベンチでの「熟練した手」とラボ使用契約を通じて機器へのアクセスを提供しています

この人々へのアクセスは、ブラジルのカナビエイラ工科大学(CTC)がBRDGを研究部門CTCゲノミクスの北米の本拠地として選択した理由です。

CTCの細胞生物学発見リーダー、カルロス・マヌエル・ヘルナンデス・ガルシア氏は AFN に対し、サトウキビに焦点をあてた彼の会社は当初、農家に近いためルイジアナ州とフロリダ州と考えられていたと語った。 「しかし、セントルイスの方がはるかに有利であり、主な利点の1つは、大学、ダンフォース植物科学センター、その他の企業から来る才能へのアクセスであることに気付きました。

サンパウロに拠点を置くCTCは、サトウキビの品種に遺伝子組み換えとゲノム編集を適用し、干ばつ耐性や病気や害虫に対する耐性などの形質を改善しています。 同社は、4,000種類以上のサトウキビ生殖質バンクを運営する世界最大のサトウキビ生殖質バンクの1つを運営していると言います。

ブラジルは世界有数のサトウキビ生産国ですが、CTCの研究本部を選ぶのは北米の方が理にかなっています。 「これらの[植物]形質のいくつかはゲノム編集によって行われ、少なくとも概念的には、初期の研究の一部はセントルイスで行われます」とHernandez-Garciaは言います。 「私たちの育種パイプラインは、干ばつ耐性、ストレス、ここブラジルに関連するゲノムデータのためのものですが、その技術を開発するための才能へのアクセスは、ダンフォースセンターキャンパスのBRDGパークにいることの大きな利点の1つでした。

Hernandez-Garcia氏は、「最終的に当社のパートナーになる可能性のある他のすべての企業」と彼らが取り組んでいるテクノロジーは、もう1つの重要な利点であると指摘しています。 CTCゲノミクスは現在、同じBRDGパークの建物にある無名の会社とパートナーシップを結ぼうとしています。 同社はまた、ブラジルで上場するオプションを模索しており、ナスダック証券取引所でもそうする可能性が高い。

「投資家へのアクセス。企業として米国でそのブランディングを持つことは、ここで重要になるでしょう」と彼は言います。

元STLコミュニティカレッジのインターンで、現在はカバークレスの従業員で、ダンフォースセンターの温室でカバークレスと協力しています。 画像クレジット: カバークレス/BRDGパーク

バリューチェーン全体の関係

地域外からセントルイスに企業を誘致することに加えて、BRDGパークは国内で育ったスタートアップをサポートしています。 2013年にヘリックスセンターインキュベーターからBRDGパークに移転した植物育種会社 CoverCressもそうです。

CoverCresは、CRISPR遺伝子編集ツールを使用して、北米原産のペニークレスに由来する新しいカバー作物を開発しています。 この作物は、冬と早春の間に農家に土壌被覆を提供すると同時に、バイオ燃料用途を有する油糧種子を生産する。 CoverCresは、会社に代わって作物を栽培する農家と契約を結んでいます。農家は作物が収穫されると支払いを受ける。

CoverCressにとって、その作物の価値は、種子を粉砕し、油とタンパク質の両方の食事を抽出できることにあります。 CEOのMike DeCampは AFN に対し、そのためにCoverCressは「クラッシュ時に私たちにとってうまく機能するパートナーと関係」を必要とし、油糧種子とミール製品の両方を取り除くのに役立つと語った。

BRDG Parkはダンフォースセンター、大学生、地元のベンチャー投資家、顧客に近いため、CoverCressは製品からその価値を引き出すために必要な関係を構築することができました。 モンサントの元幹部で、現在はバイエルクロップサイエンス社であるデキャンプ氏は、ダンフォースセンター、スタートアップインキュベーターのヘリックスセンター、その他39ノース地区の他の企業との関係のおかげで、手頃な価格のラボスペース、温室スペース、その他の重要なインフラへのアクセスという形で、時間の経過とともに支援を受けてきたと言います。

特に、CoverCresは、これらの現地関係のおかげで、製品に対して「サプライチェーン全体からの賛同」も得ています。 モンサント・グロース・ベンチャーズ(現在はバイエルのリープス傘下)からの上流の早期投資により、遺伝子編集技術に関するさらなる開発が可能になった。 米国のアグリビジネス企業BungeのVC部門であるSt. Louis Local Bunge Venturesは、米国のバイオディーゼル生産者Renewable Energy Group(REG)の子会社であるREG Venturesが CoverCresの下流市場に取り組むのを支援している。

CoverCresはそれ以来、39 Northに本社を設立し、DeCampはBRDGのラボスペースとダンフォースセンターの温室スペースを維持していることに加えて、その規模を4倍以上に増やしたと言います。

生態系の支援を得て、 CoverCressは 2013年にダンフォースセンターの温室に100の植物を持っていたことから、2022年には60,000エーカーの商業用フィールドを計画しています。


ソースリンク

Leave A Reply

Your email address will not be published.