Take a fresh look at your lifestyle.

インテグリカルチャーは動物を含まない培地をデビューさせます。栽培肉のドロップコスト98%

0

[ad_1]

開示:AFNの親会社 であるAgFunderは、IntegriCultureの投資家です。


IntegriCulture は、動物由来の成長因子を添加することなく栽培肉を生産するために使用できる基礎培地の商業リリースを発表しました。

  • 日本のセルラーAGスタートアップは、I-MEMと名付けられた同社の培地の研究グレードのコンポーネントをすべて食品グレードの代替品と交換することに成功し、製品を商業販売する準備を整えました。
  • 食品グレードのI-MEMは、動物由来の血清を使用する成長培地のコストのわずか60分の1(98%以上のコスト削減)で、栽培肉やその他の細胞培養製品(化粧品、材料、バイオ医薬品など)を作成するために使用できると主張しています。
  • インテグリカルチャーは、CulNetバイオリアクターシステム内でI-MEMを使用して、ニワトリとアヒルの肝細胞を食用製品に培養することに成功しました。
  • チームは、異なるフィーダー細胞の所与の組み合わせによって製造された無血清培地を使用すると、10%FBSを含む従来の培地と比較してこれらの肝細胞の増殖が速くなり、細胞が最大2.5倍速くなることを発見しました(下の図を参照)。
  • インテグリカルチャーは、I-MEMとCulNetを使用して作られた栽培 フォアグラ(ア ヒルまたはガチョウの肥育肝臓)を、今年後半に最初の細胞培養製品として発売することを目指しています。
出典:インテグリカルチャー

なぜそれが重要なのか:

その初期の頃、栽培肉生産の主な欠点の1つは、成長因子の供給源への動物の屠殺への依存でした – 主なものはウシ胎児血清(FBS)です。

  • FBSは、(従来の)肉のために母動物の屠殺後に牛の胎児の血液から抽出される。 この抽出は高価なプロセスであり、FBSは栽培肉生産者にとって高価であり、ひいては栽培肉の経済的実行不能性に寄与する。 (Eat Just chicken Biteは、歴史上初めて規制当局の承認を得た栽培肉製品で、生産に50ドルかかると伝えられている。
  • さらに、従来の食肉生産の副産物への依存は、栽培肉を支持する生態学的および倫理的議論(家畜農業よりも地球と動物福祉にとってより良い)をある程度否定する。
  • 動物由来の要因に依存しない基礎培地やその他の成分が入手可能であることは、栽培肉の生産コストを潜在的に削減し、最終消費者にとってより手頃な価格にすることができます。同時に、初期の産業の屠殺場への依存を終わらせる。

どのように動作します:

CulNetシステムは、I-MEMを使用して、動物の体を模倣することによって、動物の血清なしで細胞培養物を増殖および維持します。

  • このシステムは、動物体内の異なる器官からの様々な「フィーダー細胞」を培養するいくつかのバイオリアクターと、最終製品となる細胞を培養するためのバイオリアクターを含む。
  • 「臓器間相互作用」を通じて、フィーダー細胞はアルブミンやトランスフェリンなどの血清様成分を分泌し、動物血清やこれらの因子の別の供給源を添加する必要性を排除します。
  • IntegriCultureは、食品企業や代替タンパク質スタートアップなどのクライアントと協力して、特定のニーズに合わせたフィーダーセルを備えたCulNetシステムを設計しています。
インテグリカルチャーフォアグラ
インテグリカルチャーが栽培したフォアグラの小片が入ったスプーンで、今年後半に商業発売される予定です。 画像クレジット: インテグリカルチャー

全体像:

他のいくつかのセルAG企業は、動物由来の血清の必要性を回避するソリューションを開発したと発表しました。

彼らが言うこと:

インテグリカルチャーの創設者兼CEOである羽生由紀氏は AFN に対し、I-MEMはDMEMなどの従来の基礎メディアの直接的な代替品として使用できると語った。

「I-MEMはCulNet Systemと連携し、I-MEMはFBSを使用する従来の細胞培養、そしておそらく他のcell-agスタートアップが開発している可能性のある動物を含まないサプリメントとも連携しています」と彼は言いました。

「I-MEMの構成を 科学論文 として公開し、(B2B製品として)販売することで、業界と当社に透明性を高めています。

[ad_2]
ソースリンク

Leave A Reply

Your email address will not be published.